まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

娘似のチェル

娘似のチェル

休日の自宅には娘とチェルがいる。母も我が家にやって来る。だから私は前日にスーパーに行き2日分の食べ物をたんまり買い込んできて、普段放置の罪償いで手料理して皆んなに振る舞う。それがこの週末、娘は初登山に出掛ける事になっているって言った。「  あらま、そうなの?いないの?スーパーでいっぱい買って来たのに。」

 

や〜りぃ。笑

 

娘はどんだけ着るのってほど着込み、硬そうな登山靴を履いてロボットみたいになってまだ暗い寒空に出て行った。私はチェルを抱っこして、「  怪我しないで。マイペースでね。無事に帰るのよ。行ってらっしゃい〜。」って寂しそうに見送った。

 

行ってくれた。爆

 

即行チェルとベッドに舞い戻った。寒い寒い、風邪引いたら大変。「  チェル〜、こんなに寒いのに菜々ちゃんはお山に行くんだって。お馬鹿さんですねぇ〜。お山登ったら疲れるだけなのに、わかんない人ですねぇ。お馬鹿さんだよねぇ〜。」チェルと毛布を半分こして包まった。突然、チェルが尖った爪で私の顔をカリッってしてきた。手で顔を隠すけど、またチェルがカリッってしてくる。何度も何度もカリッって攻撃してくる。 「  痛いよ、チェル。どうしたの?ママ眠いんだけど。」注意してもチェルの顔面攻撃が止まることはなかった。仕方なく少し温かくなりかけたベッドを抜け出し、チェルを抱いて冷たいリビングのソファーに移動した。寒っ!風邪引いたら大変。毛布に包まってソファーに横になろうとしたらカリッ。手で構えてもカリッ!まだチェルの顔面攻撃が始まった。私は寝るのを諦めてお洗濯物して、まだ暗いバルコニーに出てガタガタブルブル震えながら干した。やっと干し終えて、「  寒いよ〜、チェル〜。」ってバタバタ入ってきたら・・・

 

寝とるやないかいっ!

 

何がしたいねん。ママのこと、何か怒ってる?わからない、チェルが。

 
 
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。