まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

メロンパンは愛の味

メロンパンは愛の味

20150722-104318

19日に関東も梅雨明けしたようです。
日中は連日ゲキ暑、深夜になっても気温が下がらず寝苦しい夜が続いています。熱中症で救急搬送された方も多いとか。対策は充分な水分摂取と睡眠を取る事だそうです。

 

皆様、どうぞお気をつけて下さいませ。

 

朝8時までネットであれこれやって眠りにつき、気持ち良く楽しい夢を見ていたら・・・キッチンからバターの香りがしてきて目が覚めてしまいました。娘が何やらゴソゴソやっているようです。いつもの私なら多少の事は気にせず眠り続けるのですが、滅多にお料理しない娘がそれもバターを使っているとなるとゆっくり眠ってなどいられません。ぼんやりした頭で行ってみると、キッチンのカウンターの上に物が散乱していました。

 

ぎゃっ!

 

その前で娘がクルクル何かを丸めています。私は片付けしながらお料理するのがプロのお仕事よって、言いたい気持ちをグッと堪えて、「 何やってるの?」笑

 

「 パン作ってる。メロンパン。」
「 メロンパン?材料買ってきたの?」
「 うん、さっき買ってきた。」
「 メロンパンってパンの中で1番難しいと思うよ。」
「 うん、ネットで調べた。」

 

丸めていたのはパン生地でした。
散乱した中に小さなメモ用紙がありました。娘の文字で小さく材料や作り方が書いてあります。私は黙って娘の後ろに。

 

すると、「 ママ、その台の上にこの粉を敷いて。」って、娘が顎で粉の場所を教えてきました。私は言われたように粉を敷いて、これは一刻も早く逃げないと手伝わされちゃうって。そう思うけど、眠いけど、娘の丸めてる姿が面白くて暫く起きて見ている事にしました。

 

「 ね?それパン生地だよね?」
「 そだよ、でもなんか変。」
「 ねちゃねちゃし過ぎじゃない?」
「 そうなんだよ、パンってこんなだっけ?」
「 違うと思うよ。固まらないよ?」
「 もうちょっとバター足してみようかな。」

 

娘は指にくっ付いたお好み焼き風のパン生地?を、ねちゃねちゃ右手にやったり左手にやったり。気持ち悪い事をずっとやっていました。

 

ウケる〜。

 

「 バター足そ。パンになるのか〜、これ。」

 

ならないと思う。爆

 

私は暫く娘の格闘技調理風景を爆笑しながら見ていたけど、眠くなってきて出来上がりを見ずに眠る事にしました。そして・・・起きたらそれはもう仕上がっていて、幾つかの紙袋に小分けしてありました。それぞれの袋にお客様のお名前が書いてある。カウンターの上も綺麗に片付いてた。

 

「 何個出来た?」
「 8個。」
「 8個?たった?」
「 たったって・・・パン屋じゃないんだから。」
「 お客様にあげるんだ〜。」
「 うん。お婆ちゃん、家にいるかな?」
「 お婆ちゃん?」

 

“ そうだったんだね。”
そういえば前の前あたりのブログに、私は母がメロンパンが大好物だと書いた。それを読んで娘は母にも作って食べさせたいと思ってくれたんだって、私は初めてその時に気付いた。

 

お婆ちゃん、喜ぶよ。きっと。。

 

ありがとうね。
ホントありがとう。