まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

親が親なら。

親が親なら。

wpid-20150124100607

早いものでもう1月が終わろうとしています。
つい数日前に、年越しのお蕎麦を食べたような気がするのですが。よく晴れた日でもやっぱり冬ですね。風が冷たくて指が凍りそうです。

 

皆様、風邪などお引きになりませんように。

 

先日娘が、「 ママ、自分の動作って自分では知らないでしょ?ビデオで自撮りして見ると面白いよ。」って。「 私って、お箸に乗せるご飯の量が多いのよね〜。」

 

どうやら娘は日常を自撮りして、良くない動作を直そうと考えたみたいでした。私は一瞬、確かに鏡に映った自分しか知らないから、自撮りは欠点がわかって良いかもって思ったのでした。娘の自撮り動画を観るとソファーに寝転んだ姿や空腹時の食事風景や、顔中泡だらけで洗顔しているところや歯磨きの様子。中には歩いて行く後姿や、メモ書きしてる姿なんてのもありました。飽きもせず良く撮ったものだと呆れながら、延々続く娘の自撮り動画をぼ〜っと観ていました。でもこれって何かを始める前に自分が映る位置にビデオをセットして、録画ボタンを押して元の位置に戻り動作を開始してる事に気付いて吹き出してしまいました。

 

バカでしょ。笑

 

そもそも洗顔してるところや、歯磨きしてる顔なんて誰も見ませんよね。それなのに私って凄い事に気づいたでしょって、娘がドヤ顔で私を見るので大変なものを産み育ててしまったと。本当にお馬鹿ちゃんだったと顔が引きつってきた私でした。

 

ひっ。

 

翌日。
娘と楽しくお喋りしながら夕食を取っていて、ふと横を見たらビデオカメラが。

 

「 ね?これって何撮ってるの?」
「 ママ。」

 

・・・あのね。爆

 

ビデオで自撮りして動作の欠点を見つける前に、隠し撮りするその根性を直す方が先でしょ。だけど・・・そう言いながら私は気が付いたら、録画中のビデオ画面を覗き込んで髪の毛の乱れを指で直してた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。