まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

娘の不安

wpid-20150716101347

今朝はカーテンから差し込む日差しが眩しくて、早朝に目が覚めてしまいました。ベランダに出てみると暖かい風、すっかり春ですね。冬物のコート、もうクリーニングに出して大丈夫かしら?

 

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

春といえば行楽シーズン。
何年も銀座と自宅を往復するだけの私にとって、行楽という言葉は死語でした。順応性ゼロ、探究心ゼロ。知らないお店に入っただけで、何かに打ちのめされてしまう私なのです。笑

 

そんな私ですが今週末お客様の粋な計らいで、娘と2泊3日の旅行に出掛けることになりました。それも飛行機に乗って行くんですよ?

 

有り得ないです。爆

 

実はこの旅行。
お客様とのこんな会話から始まりました。
お客様は九州のご出身です。
「 ママは九州に行った事があるの?」
「 えぇ、あります。小さな頃ですけど。」
「 九州のどこに?熊本はないでしょ?」
「 熊本はないです。でも阿蘇山には行きましたよ。」
「 ママ、それ熊本だから。」
「 どこ?」
「 阿蘇山。」
「 えぇ〜、阿蘇山って県の中にあるの?」

 

「 西日本にはいっぱい路線があるでしょ?なのにどうして東北には東北新幹線しかないの?」
「 ありますけどね。」
「 あるの?どこに?」
「 東北に。」
「 東北に?茨城?」

 

「 埼玉は東京の上で千葉は横。静岡も横。」
「 富山は?」
「 富山は山。」笑

 

ダメなんですよ〜。
私ってダメなの、日本地図。
いゃ地図じゃなくて地理。
で、「 ママ、僕が九州出張の時に菜々ちゃんとおいでよ。ご案内しますよ。」って事で今回ね。ところが最初は大乗り気で大喜びしていた娘が、飛行機やホテルのチケットを取ったり、お客様と何度かスケジュールの確認をしたり、旅行の日が近づいてくるに従って様子が変になって。

 

「 ママ、大丈夫?」
「 なにが?」
「 ママ、九州本当に大丈夫?」
「 なんで?」
「 ママ、ちゃんと歩いてよ。」
「 え〜、歩くの?」
「 ママ、観光してね。」
「 歩いて?」
「 ママ、嫌だイヤだ言わないでね。」
「 言わないけど。」
「 ワタシ大丈夫かなぁ。やだぁ〜。」

 

そんなに心配しなくたって大丈夫よ!
飛行機に乗ったら着くんだから。
飛行機が飛ぶんだからね。

 

ったく。笑