まるで海の底のようなシックなライブ&バー♪
忘年会・新年会などのご予約はお早めに 03-3572-8228

大切なもの。大切なこと。

大切なもの。大切なこと。

wpid-20150715111420

マスターがお父様のご葬儀を終え、お仕事に復帰致しました。ご心配下さったりお悔やみを下さった沢山の皆様に、私からもお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

 

復帰したマスターには喪主として重大な任務をこなした安堵が見えて、またひとつ人として立派になったような・・・そんな気がしました。あるサイトにマスターが亡きお父様への思いをアップしていて、その文章を読ませてもらったのですがそれが温かく思いやりに溢れていて・・・。

 

実は私は実姉を2年前に亡くしています。
逝った本人も残された義兄もまだ若く、姉の2人の子供達は当時はまだ学生でした。姉の最後の入院生活は見ている私の方が参ってしまうほど、痛みと絶望の辛いものでした。それだけに姉を亡くした後も私は、姉はどれほど無念だっただろうとそればかり思っていました。

 

マスターの文章を読むまでは、私は若くして逝った姉が可哀想だとずっとそう思っていました。ですが、それは姉に失礼だったと感じました。来る日も来る日も激痛に耐え乍ら最後まで生への希望を失うことなく見事人生を全うした姉に、私は敬意を払うべきでした。

 

よく頑張ったね。
偉かったよ。
やっと楽になれたのね。
お疲れ様。
後は任せて。と声を掛けるべきでした。

 

姉が大切に一生懸命に育てた甥の挙式が9月に。姉の代わりに、2人の幸せな姿を目に焼き付けてこようと思います。そして私は姉の分まで、「 あなた、まだ来ないの?」 って姉が呆れるほど生きなければと。

 

姉に会えたら、あれからの色々を教えてあげないとね。

 

人って何かを失って、初めて大切なことに気づくんですね。ありきたりのフレーズですが、失ってしまったからこそ本当にそうだと思えます。
大切なものって・・・失いたくないですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。